現在、旧ブログより移行作業中のため、一部記事のみ閲覧​可能となっております

BLOG

​記事

こんにちは!

ハンドメイドアクセサリーALLUMETTE(アリュメット)の佐藤です。



ネックレスというと、その長さによって、印象が左右されます。

首の長さや太さ、体型などによって似合うアイテムが変わって来ます。試着して選ぶのが一番ですが、そうできない時のネックレスの長さを選ぶ参考にまとめてみました。



【長さ35~40cm】チョーカータイプ


首に沿う、最も短いタイプのネックレス。

この長さですと、首元が強調されるため、首が細く、華奢な体型の方が似合います。


【長さ40~45cm】プリンセスタイプ


一般的に多い長さで、使いやすい長さのネックレス。

この長さのネックレスは、トップが体の中心にきて目立ちますので、大きめのペンダントトップがついたものを選ぶのがオススメ。程よいゆとりが首元を綺麗に見せてくれます。

私のように首元が太く、ふっくらした体型の方は45~50cmくらいの少し長めの長さですと、スッキリした印象になります。 

【長さ50~60cm】マチネタイプ


トップが胸元辺りにくる長さのネックレス。

なで肩の方はこの長さのネックレスですと華やかにつけることができます。

この長さのネックレスは、トップが体の中心にきて目立ちますので、大きめのペンダントトップがついたものを選ぶのがオススメ。シンプルなお洋服につけることで、個性を演出できます。



【長さ80~90cm】オペラタイプ


トップが必ず洋服の上にくる長さ。

アクセサリーとして考えるよりも洋服の柄の一部のように考えて、洋服との相性で選ぶと間違いがありません。洋服がシンプルすぎて、少し寂しいな、と感じる時はこの長さのネックレスを投入することでコーディネートがおしゃれに仕上がります。

【長さ100cm~】ロープタイプ


長すぎて、どう使えば??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では、とっても長いこのタイプも流行しています。

ネックレスによってはトップに軽く結び目を作ってアクセントを作るような付け方もできます。どができて用途が広いタイプでもあります。

ネックレスによってはトップに軽く結び目を作ってアクセントを作るような付け方もできます。1連で長くつけるのも素敵ですが、その他のつけ方も楽しめるネックレスです。


いかがでしたでしょうか?

ネックレス選びの参考にして頂けましたら幸いです。

こんにちは!

ハンドメイドアクセサリーALLUMETTE(アリュメット)の佐藤です。

アクセサリーというと、イヤーアクセサリー、ネックレス、ブローチ、ブレスレット、指輪など、つける場所が異なるアイテムがあります。しかし、それらを全てをつけてしまうと、やりすぎな感が否めません。

簡単にまとめる方法は1箇所だけ目立たせる。


大ぶりのイヤーアクセサリーをつけるのであれば、他は控えめに。


インパクトのあるネックレスをつけるのであれば、イヤーアクセサリーは小さいものを選ぶ。



そんな風に1箇所だけにポイントを置くとコーディネートがまとまりやすくなります。



これから夏になるとブレスレットに重点を置くコーディネートも素敵。


半袖やノースリーブで腕が出ますので、その分、手首にアクセントを持って来ます。ブレスレットについては、両手にボリュームをもたせてもおしゃれです。腕時計もアクセサリーの一部とみなし、重ね付けを楽しむのがオススメです。

こんにちは!

ハンドメイドアクセサリーALLUMETTE(アリュメット)の佐藤です。



アクセサリーはコーディネートにおいて最後のスパイスのようなもの。でも、料理では、そのスパイスが料理全体の方向性を決めてしまいませんか?

アクセサリーもひとつ加えることで、洋服のイメージを変えることもできます。

小さなアクセサリーではなく、多少大きさのあるものが好ましいです。目安としては、足元まで映るくらいの全身鏡で見て、アクセサリーの存在感を感じられるような大きさのものです。



最近の流行で言えば、大ぶりなイヤリングやピアスが取り入れやすいかと思います。

しかし、大ぶりなイヤリングをつけるには抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。似合っていると言われても大きなイヤリングでは落ち着かない、私もそんな時期がありました。その場合には、つけるイヤリングを少しずつ大きさを大きくしていくとだんだんと大きなイヤリングに慣れてくるものです。



イヤリングやピアスは苦手だわ、という方には、ぜひネックレスを。

ネックレスは首から下げるので、体の真ん中の一番目立つ場所にくるアイテムです。冠婚葬祭の際にパールのネックレスをひとつつけるだけで、ぐっとフォーマルな印象になるな、と感じられる方が多いのではないかと思います。

少し離れても存在感を放つようなアクセサリーにはコーディネートの方向性を決めてくれる力があります。



洋服のコーディネートが完成したら、アクセサリーと靴とバッグも身につけて全身で見てみてください。それで、アクセサリーが少し浮いているな、と思うようでしたら、また別のものをつけたり、外してみたり。



少し面倒かと思われるかもしれませんが、アクセサリーをはじめとする小物も合わせてコーディネートを完成させることで、ぐっとおしゃれ感が変わって来ますよ。

HOME

NEWS

ABOUT

GALLERY

BLOG

ONLINE SHOP

​OVERSEAS ORDER

​CONTACT

​ALLUMETTEでは​不定期にメールマガジンを発行しております。

​Online Shop会員樣にご登録頂きますと、ご利用いただけます。

 

新規会員登録フォーム

ご登録の際は「hello@stores.jp」からメールをお送りします。

また、お問い合わせ等の返信の際は「allumette09@gmail.com」からメールをお送りします。

メールの受信設定をされている場合は「hello@stores.jp」および「allumette09@gmail.com」を受信出来るように設定の変更をよろしくお願いいたします。

  • allumette_icon_Instagram
  • allumette_icon_facebook
  • allumette_icon_twitter

SNS